サイバーファイト社長に岡本保朗氏

 『CyberFight(サイバーファイト)』は16日、都内でプロレス事業に関わる新体制発表会見を開き、6月1日付で新社長にサイバーエージェント副社長の岡本保朗氏(48)が就任すると発表した。

【集合ショット】全員でお決まりのポーズ!にこやかに写真に応じた武藤敬司ら

 岡本氏は2000年に同社に入社し、20年から同社執行役員副社長を務めている。大のプロレス好きだという岡本氏は「一人のファンとして試合を見ていたのですごく光栄」と話した。岡本氏は今後の方針としてネットでのプロモーションや新人発掘に注力していく姿勢を示し、「リングにおいては全力の信頼を置いている。チャレンジャーとして業界一番の会社を作っていきたい」と意気込んだ。現社長の高木三四郎氏は岡本氏について「プロレスに対して大きな愛とリスペクトを持っている」と語り、「プロレス界にとっても大きなターニングポイント」とエールを送った。

 会見にはこのほか、ABEMAプロレスアンバサダーを務める武藤敬司らが出席した。

 近年のプロレスブームを追い風に、2017年にDDTが、20年2月にはノアがサイバーエージェントグループ入り。同年9月には新時代のプロレス経営を図ることを目的に、株式会社サイバーファイトとして発足された。

(提供:オリコン) 5月16日 14時23分配信

サイバーファイト新社長に就任した岡本保朗氏 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【動画】桂宮治、高橋克典、武藤敬司ら“ベストファーザー”5人が授賞式に登場!
【写真】仲良しすぎる?!にらめっこ対決をした長州力&武藤敬司
【写真】ド派手に登場する武藤敬司
【写真・動画】「そっくり」愛娘は金髪姿!武藤敬司&24歳娘なかよし“親子2ショット”
【動画】赤井沙希、プロレス引退会見で“恩人”高木三四郎の言葉に涙「あなたはDDTの家族の一員」