北川悠理、卒業後初公の場で号泣

 元乃木坂46の北川悠理が16日、都内で行われたLemino独占配信映画『しあわせなんて、なければいいのに。』(17日配信)完成披露試写会に登場。乃木坂46を卒業してから初めて公の場に登場。自身が脚本・主演した映画の舞台あいさつに同期メンバーと登壇し、涙があふれた。

【集合ショット】可愛すぎる!エレガントなミニ丈衣装で登場した北川悠理&4期生

 本作は、2023年6月に乃木坂46を卒業した4期生の北川が現役時代から構想を温め、執筆した初脚本(共同脚本)作品。北川自ら主演を務め、その他のメインキャストとして、現役乃木坂46・4期生の11人が出演する。乃木坂46の元メンバーが原作、脚本を担当し、現役メンバーが出演した作品は、グループ史上初となる。

 イベントには、乃木坂46・4期生で本作に出演する筒井あやめ、賀喜遥香、遠藤さくら、金川紗耶、黒見明香、佐藤璃果、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、矢久保美緒、弓木奈於も登場した。

 カラフルなドレスを着て登場した北川は「みなさんお久しぶりです。きょうはよろしくお願いします!」とあいさつ。その後につづいて同期メンバーがあいさつしていくと、北川は徐々に目に涙をため、最後には号泣。「こうして完成したこともそうですし、(卒業から)時間が経って大好きなみんなに囲まれてたらいきなり涙が止まらなくなっちゃいました」と泣きながら話すと、となりにいた賀喜らが頭をぽんぽんしながら慰めていた。

 あいさつの最後には「約1年ぶりに、みんなの前でお話しさせていただくのは緊張したんですが、こんな大好きな人に囲まれてすごい幸せな時間でした。私も卒業してから、お芝居とか、映画をつくる勉強をしているので、また皆さんとどこかでお会い出来たらいいなと思っています」とファンに伝えた。

 映画の公開を記念してLeminoでは北川の直筆サイン入り特製B4ポスターが当たるキャンペーンを実施する。詳細は追ってLemino特設サイトにて発表予定。

(提供:オリコン) 5月16日 19時05分配信

『しあわせなんて、なければいいのに。』完成披露試写会に登壇した(左から)筒井あやめ、北川悠理、賀喜遥香 (C)ORICON NewS inc.

【関連記事】
【写真】久保史緒里、遠藤さくららとともに成人式を迎えた北川悠里
【表紙カット】美しいとかわいいが共存するニット姿の遠藤さくら
【写真】かわいすぎ!投げチュー寸前の筒井あやめ
【写真】“きつねダンス”で話題の金川紗耶、黒ドレスで美背中を披露
【写真】”ほんわか”日常感あふれるグラビアを披露した佐藤璃果&北川悠理