前< 2018年11月 >次
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 



みすずとみゆうがぷら〜り IN鹿児島市鴨池

ぷらナビMCの鹿野未涼アナが入社2年目の同期、小田都由アナと
KKBからほど近い鹿児島市鴨池をぷら〜りしました。
2人は一緒にロケを行うのは初めてとのことです!



鹿児島市鴨池、電車通りから路地に入った場所にある、咲いた、咲いた。
季節の花やドライフラワーなどを揃えるオシャレなお花屋さんです。




多くの種類のお花がそろう中、今おすすめが「ダリア」。



お花の知識を得たところで、
私たち同期の2人が、お互いをイメージしあい、それぞれに合ったお花を選ぶことに!
お互いが抱いているイメージを花にたとえます。



鹿野アナは「赤いバラ」を、小田アナは「ピンクのバラ」を選びました!






赤いバラの花言葉は、「愛情」や「情熱」など
ピンクのバラは「しとやか」「上品」など。
さすがは同期。相性はバッチリです!




続いて向かったのは、鴨池の住宅街に佇む、おにぎり屋三代川。
事務職から転身した店主が今年オープンした、素材にこだわるおにぎり専門店です。




店頭には常に15種類くらいのおにぎりが並んでいます。
特にこだわっているのは「ご飯」と「海苔」。




ということで、塩おにぎりと卵おにぎり、高菜と人気の3品をいただきます。



今が新米の時期ということで、お米の味をそのまま感じることが出来る塩おにぎりが特に今はおすすめ!



卵おにぎりは海苔ではなくだし巻き卵が巻かれ、中にはおかかが入っています。




ごま油などで味つけされた高菜のおにぎりも人気商品です。





最後に訪れたのは、鴨池一丁目、電車通り沿いにある紅木屋三味線店。
三味線の修理や販売などを行う和楽器専門店です。



多くの種類の三味線があり、高いものは100万円を超えるものも!




小田アナと鹿野アナも人生初の三味線に挑戦!




どちらがセンスがあるかを尋ねたところ・・・




多くの出会いがあり、楽しい同期旅となりました!



キカンタレがぷらーり+ IN鹿屋市

今回は鹿児島住みます芸人のキカンタレ鹿屋をぷらーりしました。



鹿屋高校出身(肝付町出身)の仮屋さんにとっては多感な時期を育った場所。


まず最初に伺ったのは「黒豚ラーメン新風」。




自慢の一杯とお得なセットメニューをいただきました。



続いては今年8月にオープンした「ワールドプラス鹿屋ジム」。



今回は無料体験をさせてもらいました。








来週は番組MC鹿野アナと鹿野アナの同期、小田アナのぷらーりをです。



キンボシ西田としょうたがぷらーり IN 鹿児島市伊敷

雨の中のロケとなった鹿児島市伊敷ぷらーり。


伊敷と言えばということでコチラの西郷さんからスタートです。


まず最初に伺ったのは「佐藤精肉店」。


米ちゃんが「何か特別なことがあったら食べるおいしい鳥刺しがあるんです」と聞いていたお店でした。


夫婦二人で切り盛りしているお店。

鶏の片面をじっくり焼いて鳥刺しにしています。
とんでもない絶品を食べたキンボシ西田さん。




事前にお店に電話してから伺ってみてください。



次にご紹介したのはコチラ。


江戸時代の用水路の取水口跡ですがもっとすごい事実が隠されていました。
日本競泳界初の五輪金メダリストが練習した用水路???


伊敷8丁目で生まれ育ったのちのメダリスト鶴田義行さん。
アムステルダム五輪競泳平泳ぎで金メダルを獲得しました。
コーチとしていったロサンゼルス五輪で体調不良の選手に代わりここでも金メダルを獲得しました。

その鶴田さんが泳ぎを覚えたのがこの取水口から水を取り込んでいた用水路だったそうです。
ステキな言葉もいただきました。

最後に伺ったのは天売そばが自慢の「あずまの梅ヶ渕店」


一番人気そばをいただきました。





ななえとキカンタレがぷら〜り in鹿児島市和田

森奈々恵と鹿児島住みます芸人キカンタレの2人が森ちゃんの地元・鹿児島市和田をぷら〜りしました。


まず訪れたのは創業45年の老舗和菓子店、きり屋。
店内のお菓子はすべて手作りで、オリジナルの和菓子を揃えるお店です。



中でも珍しいきり屋名物のお菓子がこちら。



抹茶、ごま、くるみの3種類。最中とサブレが融合した新食感を楽しみながらおいしくいただきました。





創業45年、店内にはその努力の結晶ともいえる、
数多くのたてや賞状がズラリと並べられていました。
いつまでもこの味を守り続けてほしいですね!




続いては、和田小学校のすぐそば、
21年前、長崎でオープンし、
6年前、和田に移転したティーエム鹿児島店。
店内にはおよそ500種類ものパワーストーンが並べられています。



そもそもパワーストーンとは?



パワーストーンは世界各国のものがあり、その色も形もさまざま。
中にはこんなものも。




ちなみに、店で一番高い商品を聞いてみると・・・



石は人との相性があり、生年月日から生まれ持ったオーラカラーを
出すことが出来るとのことです。







世の中には本当にいろいろなものがあるんですね!


続いて空腹の3人が訪れたのは
和田一丁目交差点のすぐそばにあるうどん工房笑福。
オープンして7年。うどん、そば、丼などが人気のお店です。


笑福の人気メニューをいただきました!







今月23日でオープン丸7年、地元ではサラリーマンや家族連れなど、
幅広い層の人々から愛されてる笑福です。


最後は和田一丁目にある谷元商店。
平成2年にこの場所に店を構え28年、
果物に野菜、花、その他食料品などを扱う地域の小売店です。


今、旬な果物を紹介していただきました。



そして谷元商店式、野菜の見分け方を伝授してもらいました。






28年間、和田で親しまれてきた谷元商店。
これからも地域の小売店として、憩いの場として活躍し続けてほしいですね!




キンボシ西田と新人アナウンサーがぷら〜り

キンボシ西田とKKB新人アナウンサーの出世凪沙、平手志歩が鹿児島市与次郎をぷら〜り。
新人アナにKKBのある与次郎周辺を詳しくなってもらおうと、西田と与次郎の街を散策します。





まず最初に向かったのは、創業およそ40年、与次郎に店をお構えて13年の恒松養魚場。
金魚や熱帯魚など豊富な種類の鑑賞魚を扱うお店です。








店員の前之園さんは小さいころから観賞魚が大好きでこのお店に通っていたそうです。
最初はビンで飼えるという「ベタ」が好きだったとのことです。




メダカのような小さな魚から、肉食魚まで、本当にいろいろな観賞魚と出会えますよ。



続いては鹿児島サンロイヤルホテルの脇にある中華飯店・隆華園。
与次郎の街で40年以上も愛される老舗店です。



平手アナ、出世アナともに今回が初めての食リポとなりました。












味もボリュームも抜群の中華をいただき大満足でした!



そして中華でお腹を満たしたあとは、バッティングセンターへ。
サングリーンは、フットサル、卓球、バドミントン、テニスなど、各種スポーツを気軽に楽しむことができます。



自分のバッティングの映像があとから見られるなど機能も充実。



まずは、最近高校野球の取材を始め、イメージトレーニングはバッチリという平手アナが挑戦します。




最初はなかなかバットにボールが当たりませんでしたが、次第に上達。
時にはいい当たりの打球を打つまでになりました!





続いては、小学校時代に野球経験のある、
めざせ甲子園キャスターを務める出世アナウンサーの挑戦です。



こちらはさすが野球経験者。何と鋭い打球を連発していました!!






そして最後に向かったのはレトロで味のある雰囲気漂う与次郎名店街。



その一角にあるカフェ、キリマンジャロを訪ねました。



与次郎の周りの環境が変化する中、40年以上変わらないキリマンジャロ。
店内にもそんな古き良き昭和の雰囲気がたっぷりと残されています。






こちらも昔から変わらない、こだわりのコーヒーを出してもらいました。





昔ながらの趣ある店内で飲む、こだわりのコーヒー。
この上ない贅沢な時間を過ごすことができました。
新人アナウンサーの2人もここから頑張っていきますので、皆様よろしくお願い致します!



パイナップルつばさ&しょうたがぷら〜りin鹿児島市松原町周辺

パイナップルつばさと米田翔太が松原町周辺をめぐりました!

まず最初に行ったのは、松原神社



おみくじを引いてみることに・・

なんと大吉!幸先の良いスタート!



続いて訪れたのは、「パソコンとカフェ ともえ」。
パソコンの使い方などの質問することができます。結婚式用のムービーを作りたい女性の方など様々な方が訪れるそうですよ。

今回はパソコンをもっていないため、カフェで「日替わりランチ」をいただくことに。

作業をしながら食べられるようにとメニューはサンドウィッチ。コピー機やコンセント、スクリーンなど設備も充実しているため、会議や打ち合わせにもぴったりです。

そしてこちらは、お店イチオシの杏仁豆腐。






次にやってきたのは、お隣南林寺町にある「enough」。
服や小物を販売していて、今年5月に9年目を迎えました。






ここで、2人に合ったコーディネートを考えていただきました。
一体どのようになるのでしょうか!


普段にない新しいスタイルになりました☆


続いて、「そば処しみず」にうかがいました。

お昼時にはサラリーマンや地元客で常に満席になるほどの人気ぶり。
創業当時からおそばは毎日、辰蔵さんが手打ちしているんだそう。


この日の気温はおよそ30度…ということで、僕たちもつめたーい天ざるそばと冷やし山掛けそばをいただきます!




暑い日にぴったりですね!!




歩いていると、ある看板を発見!

行きたい・・・。

思い切って、電話してみましょう!!

つばささんが取材交渉します。


ということで、下荒田にある「ポレスターいづろ通モデルルーム」に潜入します!



モデルルームは1LDK+S(納戸)。専有面積は64.90屐

null

つばささん思わず・・・

オプションをつければこんなに素敵なシアタールームだってできちゃいます。

立地もばっちり!



松原町とても素敵なまちでしたよ!ぜひぷら〜りしてみてはいかがでしょうか?



キンボシ西田と未涼がぷらーり in鹿児島市小川町 

番組MCキンボシ西田さんと鹿野アナが鹿児島市小川町を巡りました。


最初に伺ったのは小川町の交差点のすぐ近くにある菊屋陶器本店



陶器はもちろん日用品まであります。
市内に2店舗を構える老舗です。



先代から引き継いだお店を切り盛りする菊川さん。
品揃えを充実させるためのこだわりがあります。




続いて伺ったのは夜は居酒屋、昼は定食を求めるお客さんでにぎわう味処あずま



プロ野球の福岡ソフトバンクホークスを応援するお店で
私たちにとっては験担ぎのお店でもあるんです。



3年前にかんぱちしゃぶしゃぶを取材させていただいてからホークス負けなし。
ホークス勝利へのゲン担ぎで今年も取材させていただきました。

我々にとってのゲン担ぎメニューのかんぱちしゃぶしゃぶ。
生産量日本一のカンパチ
鹿児島の食材の良さを発信したいという思いからしゃぶしゃぶを
お店で出すようになったそうです。






製造から販売まで一貫して行っている丸俊。



お酒の肴から普段使いのカツオ節まで幅広い商品が並んでいます。




カツオ節を購入すればその場で削らせてくれる丸俊。
お店の方に伝えれば無料でカツオ節削り体験もできるそうです









キンボシ西田&突撃パイナップルがぷらーりin鹿児島市荒田

鹿児島市荒田のぷらーりはこの3人。


普段はその地域にあるお店や人を紹介するコーナーですが今回は寒い恰好をしている楠くんと番組MCの西田さんに裏テーマの設定が。。。



まず伺ったのは手芸材料「みつる」。

創業当時は卸問屋をしていたので幅広い品揃えが自慢のお店です。


店内にはセーターやカーディガンなど手芸をする方々への見本がおいてあります。
ただ裏テーマの防寒具。



3人が選んだのはマフラーでした。


おなかがすいてきた3人。
何とも雰囲気のある洋食店を発見しました。


ここの取材交渉も西田さん。
徐々に固さもとれてきました。

絶品ハンバーグや鶏飯をいただきました。





おいしさの秘密はコチラ。





隠れ家的洋食店。予約をしてぜひ!!

鹿児島市立荒田小学校の付近を歩いていると「PONGEE」との看板が。



突撃パイナップルが以前お世話になった大島紬のショップ。
高価なものだととらえがちな大島紬。
もちろん高価なものが並びます。




楠くんの防寒具をここでも選びます。




さすがにここで防寒具は買えませんでした。
しかしお求めやすいものもあるんです。
身近なものに大島紬を取り入れてみては?
ちなみに西田さんはカードケースを購入しました。
null

最後に訪れたのは「CafeEspresso114」。

オープンして約1年半。
店長の雰囲気がそのままお店にあらわれた居心地のいいお店。
ウガンダ産のコーヒーを使用しています。






荒田にあるたくさんのお店の中からわずか4店でしたがステキナお店がたくさんあるので
あるいてみてはいかがでしょうか?



キンボシ西田とれいながぷら〜り

キンボシ西田と塚越アナが鹿児島市武をぷら〜りしました。
今回はいったどんな出会いが待っているのでしょうか。




まず訪ねたのは
中央駅西口交差点近くにある、海の恵みの潮ラーメン青山。
11年前に居酒屋をオープン、今年2月からランチでラーメンを始めました。




そんな青山さんの自信作が「ダシ」です。



このダシを使った2つのラーメンを頂きました。








オープン11年目で始めたラーメン。
研究を重ね生み出したラーメンをこの武町に根付かせるべく、
これからも進み続けます。



続いては鹿児島中央駅近くの宮田通り沿いにあるナーズカフェ。
コーヒーはもちろん、タロット占いもしてもらえるうれしいカフェです。





まずは苦みと酸味が少なく冷めてもおいしいと評判のコーヒーを頂きます。



そしてタロット占いをお願いしました。
タロット占いが好きな西田が早速占ってもらいますが、、、





次々と言い当てられ赤面の西田。
それでもおよそ10分間、じっくりと占いに耳を傾け
楽しいひとときを過ごしました。




3件目は武町交差点近くにある創業20年目のフランス菓子店リューダムール。
店内をのぞいてみると、そこには豊富な種類のケーキや焼き菓子などが並べられていました。




20年前、鹿児島で初めてイラストをケーキに描いたというリューダムール。
これまで1000種類以上のオリジナルケーキを作ってきたそうです。



そんなリューダムールさんのおすすめのスイーツを頂きました。







そして最後は武町交差点近くに今年1月にオープンしたタントメッシ。
スタイリッシュな空間にジャズが流れる新感覚の惣菜店です。




そんなタントメッシさんのコンセプトは、、、



何とテーマは「部屋飲み」。
1品1品、野菜ダシを中心に手間ひまかけて作られた惣菜をいただきました。














キンボシ西田がぷらーり

ぷら〜り+初登場、キンボシ西田が母校・鶴丸高校周辺を紹介。




まず訪れたのは西田町交差点近くにある創業67年のミカエル堂。
キンボシ西田の同級生の実家が営む、
古くから地元で愛される老舗のパン屋さんです。



こちらが、西田が食べていたというチョココロネパン。
今も変わらぬ昔ながらの懐かしいパンです。




続いては、こちらも西田町交差点近くにある創業50年のたこ八食堂。
元気なお母さんが切り盛りする、多くの鶴丸高生が通う食堂です。





味も値段も鶴丸時代のまま。学生には本当にうれしい食堂です。





最後に訪れたのは、薬師の閑静な住宅街にあり、お店を構え40年の小倉屋。
店内にはバラエティに富んだ和菓子が揃えられています。




おすすめの和菓子を見繕ってもらいました。





学生時代の思い出に浸りながら、母校周辺を満喫した西田でした。