前< 2017年09月 >次
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930






秋にオススメ!NEWオープンカフェ  [2017年09月27日]
 
秋にピッタリのゆっくりと時間を過ごせるオススメのカフェを紹介しました。

1軒目は霧島市溝辺隼人町に今年8月オープンした「ひものカフェ」
11
店内はレトロな家具と豊かな緑が心地いいスタイリッシュな空間!
キュートな洋服や雑貨の販売も!
12
13
ただ、店内にはカフェの中に、なぜか水産加工品・・・おいしいそうな「ブリのお頭煮」やビッグな「ホッケの開き」などが並びます。
14
一押しランチメニューの「サババーガー」
パンにはさまれた新鮮なサバはじっくりと昆布だしに漬け込んでいるんだそうです。
15
ハンバーガーに入っているサバは直売所でも販売しています。
16

2軒目は水がきれいなことでも知られる湧水町に最近オープンした「カフェサンデイズシスコ」
17
18
車やバイクが大好きだというオーナーの岡田さんが「ドライブやツーリングの途中に立ち寄ってほしい」という思いから車などのガレージとして利用されるコンテナをリフォームして作りました。
19
「タコライス」は「カフェサンデイズシスコ」の人気ナンバーワンランチ。
20
4種類のスパイスで味付けされた自家製タコミートと様々な具材が盛られたボリューム満点の一品です。
21



ほっと一息・・・拳太の温泉めぐり     [2017年09月27日]
 
温泉ソムリエ 立川拳太がめぐる・・・今回は昭和の香りが漂う薩摩川内市の温泉平佐城を訪ねました。
1
JR九州川内駅から車でおよそ1分、薩摩川内市街地で第1号の温泉となった温泉平佐城。
2
地下およそ800mから汲み上げる上質なお湯は源泉かけ流しです。
3
4
5
肌を優しく包む湯の温もりに体の芯までリラックスできました。

また、併設された食事処「コヨリ」ではランチも楽しめます。
新鮮なお刺身や目にもおいしい鮮やかな三種盛りが食欲をそそる
お得なランチは4種類の中から好きなメニューをチョイスできます。
6

温泉平佐城
住所: 薩摩川内市平佐町2228-1 
電話:0996-22-6731



特集「いっぺこっぺガイド〜南さつま市〜」 [2017年09月26日]
 
県内のプチ旅を楽しまれる方にオススメのコースをご提案するいっぺこっぺガイド。
今回は南さつま市を自転車で巡ってきました!



南さつま市では自転車を活用した観光を提案していて
今回は自転車で巡ることに♪

現在、地域おこし協力隊員として活躍中の自転車野郎アキラさんこと加藤彰さんは自転車で世界一周・111カ国をまわったすごいお方!
「自転車に乗って風に吹かれると、嫌なことを忘れていいことを思い出す」と魅力を語って下さいました♪




自転車に乗って最初に訪れたのは芸術の秋を満喫しようと笠沙陶苑へ!



ひも状にした粘土を積み上げて湯呑を作りました!
これならお子さんも粘土遊びの要領で楽しくできますよ。




粘土1kgで1500円(税込・送料別)です!
焼き上がりは大体1カ月ほど。ご自宅に送って下さいます!



続いてはランチへ!
電気屋さんに併設する看板もないこちらのお店



辻食堂といって地元の知る人ぞ知る食堂です!



メニューは日替わり定食のみで、
その日の朝の食材を見てお母さんが献立を決めます!

この日の定食はぶり大根定食!
ワンコインもうれしいですよね





お次はデザートということで
吉田さんが過去に取材して一押しというお菓子の清月堂へ!





オーナーの川口さんが自信を持って作ることから名づけられた川口プリンに



加世田縁の場所が盛り込まれた六地蔵饅頭



旅の最後は自転車専用道路もあるサンセットブリッジへ―。




美しい夕日に癒されました。



少しずつ過ごしやすい気候になってきましたね♪
自転車は2時間200円で使用できますので、
皆さんも自転車のまちを自転車で楽しんでみませんか?



特集「TJカゴシマ×かごときコラボ企画」 [2017年09月25日]
 
きょうのかごときは毎月1回TJカゴシマの最新号の誌面を紹介&オススメのお店を中継で紹介する、TJカゴシマ×かごときのコラボ企画でした♪



最新号は「愛しのベーカリー」と題したパン特集、
シチュエーション別にオススメするランチのお店、
さらにコスモスのスポットや見ごろなど行楽情報も盛りだくさんです!

TJカゴシマ10月号はお近くのコンビニ・書店で是非お買い求めください♪

最後にきょう中継でご紹介した女子会にオススメの
お店の地図です♪




秋の味覚で本格イタリアン [2017年09月22日]
 
中野リキリポーターが秋の味覚「栗」を使った本格イタリアンを作ってみました。






もう一つの特集はリ・ジュンギョンリポーターが鹿児島市天文館のマルヤガーデンズで秋を探しに行ってきました。









この秋おすすめの商品がいっぱいのマルヤガーデンズ。ぜひ、お出かけください!



智子の女子力アップ〜料理編〜 [2017年09月20日]
 
お弁当にも使える旬のサバを使った料理を紹介しました。

1

◇サバの竜田揚げ3種◇
●材料(4〜5人分)
サバ・・・・・2尾
(三枚におろしたもの4切れ)
・ピーマン・・・・3個
・下味
酒・・・・・大さじ1
本みりん・・大さじ1
しょうゆ・・大さじ3
しょうがの絞汁・小さじ2
・白煎りごま・・・大さじ1
・七味唐辛子・・小さじ1/4
・焼きのり・・・・・1/2枚
●作り方
.汽个六伊腓砲ろします。
⊃箸鬚劼噺大のそぎ切り、下味に30分位浸け、よく水けを拭き取り、
3等分に分けて、白ごま、七味唐辛子、のりは幅2cm位に切り、サバの切り身にまきます。
(ピーマンは縦に切り、種を取り、縦3等分に切る。サバを揚げる前にさっと油通しして塩を少々ふる。)
それぞれに片栗粉を薄くまぶして175℃の揚げ油で表面がカリッとするまで揚げます。

◇サバの柚子またはレモン焼き◇
●材料
・サバ…2尾
・レモン…1個半
・酒…大さじ1
・うすくち醤油…大さじ1/2
・サラダ油…大さじ1/2
・塩…小さじ4
●作り方
.汽个3枚おろしを使ってバットの底に(小さじ2)塩をふります。
△修両紊鉾虧椶鮠紊砲靴特屬、塩をふり(小さじ2)30分置きます。
水けをキッチンペーパで拭き、1枚を3等分に切り、1cm幅に切り込みを入れます。
ぅ譽皀鵑稜切りを挟み、軽く塩と酒、薄口しょうゆを適宜ふります。
ゥーブン皿にシートを敷き乗せてサラダ油少々ふり180〜190℃で12分位焼きます。



これから食べ頃!秋のスイーツ [2017年09月19日]
 
この時期ならではの食材を使ったり、秋ならではのイベントにちなんだお菓子を紹介しました。

鹿児島市新屋敷町で70年以上続く老舗「鹿児島菓子舗 山下」からは、
栗の風味が口いっぱいに広がる「マロンパイ」。
1
2

そして、こちらも日置市伊集院で90年以上続く老舗「菓子工房タニヤマ」からはぶどう(ピオーネ)を使った季節のシャルロット。
3
4

秋と言えば「お月見」ということで、お月見のケーキを紹介してくださったのは、鹿児島市吉野町にある「洋菓子konohana」。
5
6

そして鹿児島市紫原にあるサツマイモを使ったお菓子が味わえる「いもん娘(こ)」からは、お店の名前と一緒のスイートポテト「いもん娘」を紹介しました。
7
8

食後のデザートに、お茶のお供に「秋のスイーツ」、楽しんでみませんか?



特集「元気なシニアを紹介!」 [2017年09月18日]
 
きょうは敬老の日ということで
県内の元気なシニアの皆さんを特集しました!



まずは鹿児島のイチローこと満山一朗さん(78)。
バッティングセンターではホームランを連発!勝率は7割は超えているそう!
現在は週3でバッティングセンターに通い、新型機130kmのマシンを打ち込む日々。
まだまだ若い人には負けない!という強い思いを話して下さいました。



続いては宮内義光さん(93)。
なんとマスターズ陸上界では90〜94歳の部で3000m、5000mで世界記録を持つ方なんです!
毎朝5時に起きて2kmのランニングが日課の宮内さん。
10月に行われる鹿児島マスターズ選手権にも出場予定です!



最後は山下清子さん(90)
写真が趣味の山下さん。一眼レフで風景や花など色んな写真を撮影されています。
撮影時は自然の光を大切にされているそうです。
そんな山下さんは今後ひ孫さんの写真を上手に撮れるようになりたいと話されていて、
今が人生で一番楽しいという言葉をいただきました。



特集「かごしま人物大辞典」 [2017年09月18日]
 
祝日・敬老の日ということで35分の拡大版でお届けしたかごとき

一つ目の特集は鹿児島で活躍されている人を紹介する「かごしま人物大辞典」



ステンドグラス作家の田中千紘さんをご紹介しました!

高知県出身の田中さんは結婚を機に鹿児島へ移住し、
鹿児島市中山に工房を構えています。

数百種類のステンドグラスを使って日々作品作りに励むほか、
ワークショップなども開催し、人々にステンドグラスの魅力を伝えています。



こちらは山下アナがワークショップで作ったオーナメント。
窓辺に飾るとステンドグラスに光が反射して色んな輝きを見せてくれますよ★

形は月以外にも星形や雫形なども・・・
はんだごてを使ってつけていくステンドグラスは自由に選べます♪

体験料は1回3000円!
芸術の秋に是非ステンドグラスの魅力に触れてみませんか?

お問い合わせ
Chihiro works
所在地:鹿児島市中山町162−4
電話:099−266−5612




愛甲孝の生活を豊かにする健康医学の最前線 [2017年09月15日]
 
シリーズでお届けしている「鹿児島の離島・へき地医療」。
今回は「離島医療編」の最終回。長島町の「国民健康保険 鷹巣診療所」に17年勤める浜畑弘記先生を取材しました。


週に2回は隣の獅子島の診療所でも診察しています。


浜畑先生の専門は外科ですが、離島医療では診療科を超えてすべての疾患を診なければなりません。先生曰く離島の診療所は「なんでも屋」。この日も診療時間の3時間、休むことなく60人もの患者を1人で診察しました。

「Dr.コトー」のモデルとして知られる瀬戸上健二郎先生も取材しました。



瀬戸上先生は今年3月、39年間務めた下甑町、手打ち診療所の所長を退任しました。鹿児島大学の地域枠の学生を「我々は地域医療を担う地域枠の出身だということを意識し理解してもらって育てること」が必要だと話しました。





特集「智子の女子力アップ〜ファッション編〜」 [2017年09月13日]
 
特集は「智子の女子力アップ〜ファッション編〜」
今回のテーマは・・・



店頭にも秋服が並んでいますよね!
今年は3つのポイントがあるそうです。
ファッションアドバイザーの緒方千奈さんに教えていただきました!

’困鵑世蘋峽



秋はマスタードにカーキと色んな色味が出ますが
今年は特に赤にスポットが当たっているとか♪
緒方さんのスカートにも赤!

∩悩爐魯戰襯戰奪



こちらも秋冬によく見る素材ですよね♪
さわり心地もいいです!


丈はワイド



丈や袖はこの秋もボリュームのある袖やワイドなパンツやスカートがトレンド!


この3つを押さえたアイテムを探しにやってきたのは・・・





かごときでも衣装協力をいただいている
BRUNI&LOOKさん♪
こちらでも赤(ボルドー)が秋の傾向色の一つに!



3つのポイントすべてを押さえたスカートをセレクト!
このスカートを可愛く着こなすポイントも教えていただきましたよ。



.Ε┘好箸琉銘屬鬚△欧襤足長効果!
⊆蠎鵑鮓せる→すっきり感アップ&今年流行のボリューム袖もきれいに見える

いかがでしょうか?
ちょっとした工夫で、流行のスカートも綺麗に着こなすことができます!
是非参考にされて下さいね!





またご年配の方にも人気のセレクトショップ・ANNIE HOLLさんでは



視聴者の方が大変身!






今年トレンドの赤はカーディガンで取り入れてみました!
黒を入れることで引締め効果もアップ!
カーディガンは腰回りを隠すアイテムにもなりますし、
身体のラインが気になるときは前を開けて着ることもポイントです♪




赤を全面に取り入れるのが苦手な方は
ストールなど小物で取り入れることもオススメです!

’困鵑世蘋
∩悩爐魯戰襯戰奪
丈はワイド


皆さんもよかったら是非参考にされて、秋のオシャレを一緒に楽しみましょうね!



美容師が教える! 夏のダメージ髪対策 [2017年09月12日]
 
夏のダメ―ジ髪(かみ)について教えてくれたのは、照国神社近く、「へアオンディーナ」の美容師・藤久保健太さん。
大量の紫外線を浴びると髪の内部のタンパク質が変化し、カラーリングの色が薄くなったり、パーマの効果が落ちたりするそうです。
11
さらに海やプールで泳ぐと、髪がバサバサになることがあります。
12
これは、海水の塩分やプールの塩素が、髪の水分を奪っているからだそうです。
13

◆家で出来るダメージ髪対策
あらかじめ髪をお湯で洗い、汚れや油分を落とす (シャンプーの泡立ち)
14
シャンプーは 頭皮をマッサージするように
  泡で髪を包みこむように最低でも2〜3分(あれば5分ほど洗う)
15
16
コンディショナーはたっぷり使う
ドライヤーは毛先に向かって (キューティクルの方向に合わせて)
17
18

夏に髪が受けたダメージは早目に解消しましょう。



これは便利!アイデア商品 [2017年09月12日]
 
思わず試してみたくなる厳選した3品を紹介しました。

『 シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら〜ず 』(販売元:サンコー)
なんとシャツに特化した乾燥機です。
1
スイッチを入れると、本体から乾燥バッグの中に温風が吹きこんでパンパンに膨らみます。
シャツを内側から乾燥させるという逆転の発想。
2
乾燥時間は、およそ30分。
急いで乾かしたい!という時にはピッタリの商品です。


『 UVカット傘 ポキッと折れるんです 』(販売元:長寿乃里)
強風にあおられて傘が裏返しになっても壊れない傘です。
3
秘密は骨のヒンジ部分。
一定以上の力がかかると、このヒンジが曲がる構造です。
4
しかも、UVカット加工がしてあるので、日傘としても使える優れものです。


『 大山式 BODY MAKE PAD 』 (販売元:イースマイル)
多くの方が抱える “浮き指” という状態を補正し、正しい姿勢へ導く商品です。
5



特集「残暑をハーブティーで乗り切ろう」 [2017年09月11日]
 
もう一つの特集はハーブティー!




こちらでは鹿児島産の原料も使ったハーブティーを購入できます!



きっかけは鹿児島大学大学院の留学生にタイ料理を教えてもらって
タイなどで栽培されているハーブを鹿児島でも作れると思ったこと。

タイジンジャーなどは県内の契約農家が育てたもの。
パクチーは大浜さん自らが農園で栽培しています。




飲んでみると、さわやかな香りと味で飲みやすかったですよ♪
アイス、ホットそれぞれ味わってみて下さい!



ちなみに焼酎をハーブティーで割る飲み方も♪

焼酎 :ハーブ =1 : 3の割合が目安です!



現在販売しているハーブティーは5種類。
各702円です!(レモングラスティーのみ648円)
鹿児島生まれのハーブティーで残暑を乗り切りましょう♪



特集「わが街の麺どころ」 [2017年09月11日]
 
一つ目の特集は「わが街の麺どころ」



鹿児島市名山町に先月オープンしたばかりの「チュウカソバ キミイロ」
なんだかレトロでオシャレなな外観ですね♪



ドアにはこんなユニークな文言も!!



こちらで味わえるのは鹿児島では珍しい関東風の中華そば!
ご主人の堤田さんこだわりの1杯、その名前から伝わりますよね♪
メンマにナルト、刻みタマネギなど個性的なトッピング!



そして目を引くこちらはレアチャーシュー!
低温調理によるサーモンピンクの美しい色、
そしてローストビーフのようなしっとりとした食感です♪



その他ご覧のようなトッピング♪





麺どころ初登場の鹿野アナウンサーも大満足でした♪




ゆる旅 せごどん編 [2017年09月10日]
 
今回のゆる旅はせごどん編。原口泉先生とこまモンが西郷隆盛ゆかりの地を巡りました。



鹿児島市加治屋町の西郷隆盛誕生地から鹿児島市西別府町の「西郷野屋敷跡」へ。西郷さんの「半農藩士」精神を学び、樹齢250年の西郷さんが好んだヤマモモの木を眺めました。

天文館では西郷さんが愛した「黒豚とんこつ」をいただきました。


最後は、西郷隆盛終焉の地で改めて西郷の生涯を振り返りました。




らくらく調理グッズ&調理家電 [2017年09月06日]
 
きょうは鹿児島出身の総合格闘家、菊野克紀さんをゲストにお招きして
1
調理の手間が省けたり、調理時間の時短が計れたりする便利な調理グッズと調理家電をご紹介しました。


「東急ハンズ鹿児島店」からは・・・
2
蛇口から流れる水道水の勢いでお米を研げる、その名も「速洗力(そくせんりょく)」と、
3
ちょっと変わった方法でキウイフルーツをカットできる「キウイカッター」を紹介。
4


また鹿屋市串良町にある電器店「ネオプラスさこ」からは・・・
5
10
耐熱ボウル1つでパスタやカレーの調理もできるスチームオーブンレンジ「ビストロ」を紹介しました。
6
7
8
9
これから迎える秋は、いろいろなものが美味しくなるシーズン。
便利なグッズや家電を使って「食欲の秋」を楽しみませんか?



よし!俣たび 〜日置市伊集院〜   [2017年09月05日]
 
県内の0歳から100歳までの101人と2ショット写真を撮ることを目的に、よし俣とよしげがぶらぶら旅する「俣たび」。
1
今回は新人リポーターの中野リキと二人で日置市伊集院を訪ね、老舗の定食屋や新規開店のパン屋さんなどを巡りました。
最初に訪ねたのは御食事処「むかえ」。
2
3
自慢の地鶏そぼろ丼や鶏から揚げ定食を味わいながら地元の情報を教えていただきました。
null
5

続いて2人がやってきたのは、御菓子司「すずき」。
8
名物の伊集院まんじゅうをいただきます。
9
そしてここでとっておきの情報が・・・
10
なんと伊集院まんじゅうの名前を付けたのがこちらのご主人、鈴木静夫さんなんだそうです。
地元の人たちとの触れ合いを楽しみながら2ショット写真の撮影を目指しました。

オリーブ専門店 ビゴーレ
6
7

コッペパン専門店 カルコッペ
11
12
13

果たして何人と2ショット写真が撮れたのか・・・・

14
ようやく33人になりました。次回の旅はどこへ・・・?



維新人物伝〜調所広郷〜 [2017年09月04日]
 
来年の明治維新150周年に向けて日本を動かした薩摩の偉人たちの功績を紹介する維新人物伝。



今月は薩摩藩の財政を立て直した調所広郷を紹介しました。
調所は財政改革のため鹿児島から江戸まで約1600kmを何十回も往復しました。
解決しなければならない課題を抱えた旅だったそうです。

歴史の見方によっては冷酷な人間と評される調所ですが、「藩のため」と志を突き通し、ぶれない精神で仕事を成し遂げた人物だったんです。
そんな調所は薩摩焼の増産と陶工の生活改善にも尽くしたとして日置市美山の人たちは
招魂墓を作り大切にしています。

来月はどんな偉人を紹介するか、是非お楽しみに!





愛甲孝の生活を豊かにする健康医学の最前線 [2017年09月01日]
 
今回も「鹿児島の離島・へき地医療」がテーマ。
県の「地域医療支援センター」や鹿児島大学の「離島へき地医療人育成センタ―」の取り組みを取材しました。



奄美大島の大和村にある「大和診療所」を訪れた地域枠学生たちの様子も紹介しました。