前< 2017年04月 >次
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      






2017年04月07日

  春うららかに
 
4月に入り急に暖かくなったように感じる。

桜=ソメイヨシノがようやく開花するも連日の雨。
早く青空の下で薄ピンクの花を愛でたいものだ。

冬を乗り越え葉を出し始めた近所の植物を観察していると、
突然、鮮やかな花と出会った。



黄色の花といえば、マンサク・レンギョウ・イペーが浮かぶが
鈴なりに咲くこの花は初見であった。

イペーは2年ほど前に宮崎で初めて出会ったのだが、
あの美しさは強烈な印象として残っている。

葉も特徴的なこの木は調べてみると、ミモザという結論に至った。

ガラスの靴で踊るイメージがあったが、また1つ勉強になった。


最近は水草にも興味を持ち、光合成をして放出する気泡に癒されている。
名前はマツモ。生きているんだなと再認識。
あわせて購入したメダカたちも元気に泳ぎ回っている。



様々な発見があり、春は楽しい。
今年度もKKBスーパーJチャンネルをよろしくお願いします。



2017年03月10日

  迫る!華麗なる戦い
 
先月26・27日、私は沖縄にいた。
南国の強い日差しが照りつける中、向かったのは
女子プロゴルフツアーの開幕戦が行われる琉球ゴルフ倶楽部。

賞金ランク50位までの選手に与えられるシード権復活を目指す鹿屋市出身の香妻琴乃選手の取材だ。

練習ラウンドに帯同すると、驚いたのはドライバーの飛距離。
身長157cmと小柄ながらも圧巻のインパクト音。
打球がなかなか落ちてこない。

ラウンド後にインタビューさせていただくと、今シーズンは「振り切ること」がテーマだという。
腰痛に悩まされていた時期があったものの、オフに「スイングを一から見直した」そうだ。

その成果だろうか。開幕戦の最終日のドライビングディスタンス(平均飛距離)は272ヤードを記録。
予選通過した選手の中で3位の数字だ。

さらに平均パット数(合計)は出場選手中2番目に少ない。

開幕戦だけのデータではあるが、平均パット数でツアートップに輝いた2014年シーズンに近いものを感じずにはいられない。

第3戦、17日から姶良市の鹿児島高牧CCで行われるTポイントレディスゴルフトーナメントは香妻選手がプロテスト合格後、初めて予選通過した思い出の大会だ。
本人も「目標は予選通過ではなく優勝争いがしたい」と意気込みを語る。





ここまで文章で書いてきましたが、11日(土)午後4時から放送される「ENJOY!Tポイントレディスゴルフトーナメント」で香妻選手、アマチュアの勝みなみ選手、皆吉愛寿香選手の地元で開催される大会への思いを伝えます。

このブログよりも濃い内容で、独自映像満載の30分です。
お時間がありましたら、ぜひご覧ください。

さらに13日からのKKBスーパーJチャンネルでは
Tポイントレディス開幕直前企画を連日放送予定です。

今週もJチャンネルをご覧いただきありがとうございました。



2017年02月20日

  なぜ?
 
かれこれ5年ほど会社の机でバンブーを育ててきた。

定期的に水を与えるだけで成長を続けた。

パソコンや大量の資料が置かれた机の貴重なグリーンは
癒しと微量ながらも新鮮な空気を提供してくれていた。

しかし、先日葉の一部が突然、茶色に。
水をかえても、日に当てても改善されず。

このままではいかん。
荒療治ではあるが、バッサリすべての葉をカット。



根は生きていると信じ、らせん状の茎だけになった
バンブーに水を与え続ける。

およそ2ヵ月後、ある部分から新芽が出てきた。
切り口付近と思っていた私の想像を
はるかに上回る場所からだ。



なぜ、そこから。
言葉は発せなくても、意思がある。
植物って面白いと思いませんか?



2017年01月10日

  3年連続の大役
 
8日に開催された「いぶすき菜の花マラソン大会」では
面高アナと出発式などの司会を担当。

私自身、3年連続3回目の大役。
大会を盛り上げるため、前日からメモ書きを用意するも
雨で文字が読めない。臨機応変の対応が求められた。

スタートが近づくにつれて雨が上がっていき
ランナーや指宿市民の熱い思いを感じた。

スタート台に向かって手を振っていただきありがとうございました。



雨上がりの指宿路は絶景が広がり、
今年も世界一のおもてなしは健在。

みなさんお疲れ様でした!

今年は初めて生放送とWEB配信を行い、
私も少しだけWEBに出演させていただきました。

前日の夜、よし俣とよしげさん、武田みどりさんらWEBチームとの一枚。


動き出した2017年。
KKBスーパーJチャンネルを今年もよろしくお願いします。



2016年12月28日

  決心
 
ここ数年、あることに悩んでいた。

ベランダのオリーブの樹形がどうにかならないかと。

鹿児島に来た2010年に苗を購入し、実も収穫できるようになった。
枯れることなく成長してくれたのだが、樹形だけは納得できずにいた。

真っ直ぐ伸びず斜めに伸びたり。
大きさの割に葉の量が少なかったり。
そもそも最初から幹が大きく曲がっていたり。

実家にも私が大学時代に購入したオリーブがあるのだが
そっちは大きくまっすぐ成長しシンボルツリーとなった。

同じオリーブでも環境が違えばこうも違うのか。

ベランダを見るたびに悩む日々から卒業しようと
先月、のこぎりを使ってほぼ全ての枝を切り落とした。

「オリーブは生命力が強い」
よく本に書いてあったこの言葉を信じて。



1ヵ月経っても変化がなく、やってしまったかと思われたが
先日、ついに固い幹を割って新芽が出てきた。



見つけた時はリオ五輪並みの感動。
他の幹からも。



これからは日に日に変化が楽しめそうだ。
バランスの良い、美しい樹形になることを信じよう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

27日でKKBスーパーJチャンネルのレギュラー放送が終わりました。
番組のリニューアルもあり、1年間ご覧いただきありがとうございました。

2017年最初の放送は1月4日からですが、その前日には
「アスリートの原石 新春スペシャル」が放送されます。

Jチャンネルのチェストスポーツで放送してきた
2020年の東京オリンピック・パラリンピック、かごしま国体で
活躍が期待される中高生を紹介する「アスリートの原石」の特番です。

若いアスリート(原石)を紹介することはもちろん、
国内ツアー最年少Vの勝みなみさんと私がゴルフで対決していたり。





北京オリンピック競泳銅メダリストの宮下純一さんが
自身のオリンピックを振り返るなど、新春にふさわしい内容となっています。





「アスリートの原石 新春スペシャル」は1月3日(火)午後4時半からです。
是非、ご覧ください。

2017年はKKB開局35周年。
さらに親しみのある放送局を目指していきます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。



2016年11月23日

  11年ぶりの自己ベスト
 
高校生の時、右肩を痛め野球からゴルフに転身した私。

指導者や仲間にも恵まれ、毎日のよう練習場に通った結果、
高校3年の夏に69(−3)をマークすることができた。

人生で一度きりの60台。
最後のパーパットの緊張感は今でも忘れられない。


過去の栄光から11年。

先日、お誘いをいただき日置市のゴルフ場へ。



Jチャンネルにもたびたび登場している実家の旅館で若女将を務める
小学6年生の田中亜弥さん、コースの所属プロ・宮下進一さんと
ラウンドさせていただいた。

クラブを握るのは約2ヵ月ぶりで不安を感じていたものの
1番ホールをパーセーブすると、2番ホールでバーディー。

その後もパーを重ね、8番ホールで再びバーディー。
あれよあれよでハーフ(9H)で自己ベストの34(−2)をマーク。

なぜか曲がらないドライバー。
距離感抜群のアイアン。
冴えわたるアプローチ。

社会人になり初任給で購入したパター以外は
11年前と同じクラブセッティングである。
練習量は高校時代の100分の1以下と言っても過言ではない。

それなのになぜ。

同伴者に恵まれたこと、秋晴れで風がほとんど吹かなかったことも
好スコアにつながったと考えられる。
取材でトッププロ・アマのプレーを近くで見るうちに
知らず知らずに進化していたのかもしれない。

後半は前半のようにはいかなかったが、
トータル76(+4)でホールアウト。

競技ゴルフへの意欲がわいてきたぞ。


今週もJチャンネルをご覧いただきありがとうございます。
26日の「いい風呂の日」を前に今週お伝えしてる温泉ミニ企画。
あすは特別編です。お見逃しなく。



2016年11月08日

  永遠の野球少年
 
4日〜6日まで入社1年目のセンバツ取材以来、
約6年ぶりに阪神甲子園球場を訪れた。

高校野球ではなく、マスターズ甲子園の取材だ。

幅広い世代の元・高校球児が出身校別にチームを組み
再び甲子園を目指す、「オヤジ達の甲子園」とも言われる大会。

県予選を勝ち抜きマスターズ甲子園初出場を決めた
鹿児島高校OBチームを前夜祭から密着取材。

試合中はカメラを持ってベンチに入り、鹿児島高校の
甲子園初得点の瞬間などを共有させていただいた。

試合時間はわずか90分。
それでも濃密すぎる3日間だった。



事前取材からお世話になった松坂世代のみなさんと。


来月、マスターズ甲子園の特別番組も放送予定。
放送日が決まり次第、みなさんにお知らせします。



2016年10月19日

  価値ある1勝
 
16日に行われたサッカーJ3鹿児島ユナイテッドFCの試合で
今シーズン2度目の実況を担当させていただいた。

解説は鹿児島実業で前園真聖さんらとともに活躍した
ゴールキーパーの仁田尾博幸さん。
現在は鳳凰高校男子サッカー部監督を務めている。



仁田尾さんやピッチリポーターの福田アナに支えられ、
J2クラブライセンスの交付が見送られてから初のホームゲームで
価値ある1勝を伝えることができました。

施設基準が満たせず、来シーズンの昇格はなくなったが、
今シーズンの目標の「優勝」に変わりはない。

新スタジアム整備に向けサポーターが署名活動を始めるなど
「ユナイテッドをJ2へ」という思いが広がりつつある。

首位・栃木SCとの勝ち点差は5。
残り5試合ここからが本当の勝負だ。



2016年10月08日

  新体制
 
10月からのKKBスーパーJチャンネルは
先輩の中西可奈アナウンサーと共にお伝えしています。



これまでは一緒に仕事をさせていただく機会が少なく
ツーショット写真はなんだか新鮮です。

さらに福田大二朗アナ・橘高香純アナも加わり
新しい風がびゅんびゅん入ってきています。

Jチャンネルはさらに進化していきます。
放送は月曜〜金曜の夕方6時25分からです。


そして8日(土)・9日(日)は「第3回KKB夢応援フェスタ」が
鹿児島市のアミュ広場を中心に開催されます。

初日は中西アナと総合司会。
午後2時10分からは「Jチャンネル トークステージ」もあります。

2日目はJチャンネルのキャスター体験ブースにいますので
私たちと一緒にニュースを伝えてみませんか。
会場でしか見られない限定VTRもご用意しています。

みなさんのご来場お待ちしています。



2016年09月28日

  秋めく山
 
先日、取材で訪れた宮崎県のえびの高原。



久しぶりに大自然を満喫しました。


「秋のお洒落は足元から」
このフレーズを最初に考えた人はすごい。

失礼します。