前< 2019年04月 >次
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    






紹介します。アイコです。 【立川 拳太】

先日、我が家に仲間入りしたアイコ

日に日に色味が鮮やかになり背丈も伸び、すくすくと成長しています。


アイコとの出会いは運命的なものでした。




たまたま、弊社食堂にて相席になった塚越先輩
私はKKBに入社して6年目になりますが、塚越先輩と食堂で相席したのは
1回2回あったか、なかったか…

さらに、そこへ松浦気象予報士
「ここいいですか?」とやってきて3人で近頃の食生活について意見交換した。

すると、なにがそうさせたのか
松浦気象予報士が「僕、リタイアしたら家庭菜園やりたいんですよね」
と、人生プランを話し出した。

現実主義者である私は「どこでやるの?」とか「なに育てるの?」など
深く掘り下げて聞き取りをした。


(現在はKKBの広報を牛耳る塚越先輩)
(塚越のT、立川のTを身体で表現してみたのポーズ)
(TT兄弟ではない。)


そのさなか、話しに割って入ってきたのは塚越先輩
「私、ミニトマト育てたことあるよ」「会社で」
トマトって水をやらない方が甘くなるんだよ」「だから私、全然、水やらなかった」
「そしたら、カッチカチのミニトマトになっちゃったんだよね」笑


どうやら塚越先輩は『水をやらない方が甘くなる』の方程式を極限まで攻めたようだ。

水をやらな過ぎもダメ。


ミニトマトについてそれぞれの感想を述べたあと、各々業務へ戻った。



次の日、私はMOGUMOGUふぁーむの取材で南さつま市・六田農園へと行った。
そこでは長命草やたまねぎ、葉タバコの栽培を行うなか
お花や野菜の苗の販売も行っているではないかヽ(^o^)丿
これは運命か!?

ハウスをのぞいて見ると、たーーくさんの苗木たち。

迷いはなかった。

トマトだ!それもミニトマトだ!

しかし、ミニトマトと一口に言っても
10種類くらいあるではないか!!

ここはさすがに悩み…

悩みに悩んだ末、細長い系の身をつける「アイコ」をセレクト。
「アイコ」は病気に強く、果実のわれが少なく、実つきがよいため
たくさん採れるとのこと。

今から収穫が楽しみだ。


今年度(2019年度)からMOGUMOGUふぁーむの放送時間が変わります!
ぷらナビ+が9時30分〜
MOGUMOGUふぁーむは10時15分〜です♪

放送時間が10時15分に変更になって初めての放送はあす(6日)\(^o^)/
鹿屋市輝北町のきゅうりを紹介します!
夏野菜のイメージのきゅうりですがハウスでは最盛期を迎えているそう。

MOGUMOGUふぁーむあす(6日)10時15分〜ぜひご覧ください!