「にほん風景遺産」薩摩富士・開聞岳ぐるり旅。2012年3月25日(土)午後15:25〜16:25時放送。番組ナビゲーターの加藤千洋が奄美の自然、文化、祭を訪ねます。

1月、南薩摩は菜の花でいっぱいになります。本土最南端に位置するこの地は、かつて中国や東南アジアへの玄関口として栄えた歴史があります。 そして薩摩富士と呼ばれる美しい山・開聞岳がそこにあります。
今回、風景案内人・加藤千洋さんが、開聞岳の麓に広がる菜の花満開の1月の南薩摩を訪ねました。 日本屈指の温泉地・指宿は「砂蒸し風呂」が有名です。
加藤さんは海岸の砂の下にある温泉の地熱が砂を温める「砂蒸し風呂」を体験します。

指宿の中心地から南西に4キロほどのところにある鰻池。この湖沿いにある鰻温泉。
江戸時代から皮膚病に効能があると云われています。
また、鰻温泉は噴気活動が盛んで高温の噴気を利用した「スメ」と呼ばれる蒸し器が
炊事に利用されており、この「スメ」の仕組みや使い方を伺います。