• 薩摩酒造ホームページへ
  • 薩摩酒造TVCM・グラフィック広告集ページへ
  • 「明治蔵」ホームページへ
  • 「匠に乾杯」過去の放送動画はコチラから

今週の放送内容(7/26放送)


薩摩川内市甲冑作りの匠・田島英行さん
戦国武将のいでたちに欠かせないのが鎧とカブト―
薩摩川内市の丸武産業は日本にその名を知られた甲冑工房ですが、田島英行さんはそこでカブト作りに励む匠です。
金銀の箔押しから細かい飾りまで、全て自社で作るユニークな工房―田島さんの代表作は、伊達政宗のカブトです。
カブト作りは、まず鉄板を切り出します。それを機械で叩きながら、ふくらみを持たせてゆきます。目で見、手で動かし、足で機械の操作をします。
鉄板に角度がついたら、縁を叩きます。この打ち返しがカブトに強度を与えます。それをきれいにつまえ、鉄板同士を溶接します
頭の形ができました。その下にハカマと呼ばれる板を回し、庇にあたる眉庇をつけたら、八間カブトの下地の出来上がりです。
これに付属品や飾りをつけ、一ヶ月かけてようやくカブトが出来上がるのです。田島さんの仕事は、問答無用。遅れもミスも許されません。
「勝って カブトの緒をしめよ」と言う言葉は今も生きてます。いにしえのものを現代によみがえらせる、若い匠―
今よいは伝統と美が今も行き続けるふるさとに「乾杯!」